カメラの正しい保管方法をご紹介します

カメラの正しい保管方法をご紹介します

簡単に出来るデジカメ保管方法

デジカメ保管時には電池やレンズは外す?!

デジカメをしばらく使わない場合の簡単な保管方法をご紹介いたします。デジカメの保管の際にまず行なっていただきたいのが、電池、バッテリーをカメラから取り外す事です。電池やバッテリーはカメラの電源を入れていなくても徐々に自然放電をしています。バッテリーや電池にとって一番過酷な状況がこの過放電です。過放電になったバッテリーは充電をしても元の電力を蓄えられないだけではなく、液漏れなどを起し、カメラ本体にも大きなダメージを与える可能性があります。保管時には必ずバッテリー、電池は外しましょう。
※バッテリーの寿命を延ばすために【充電】は定期的に行ないましょう。

 

カメラ保管時にはホコリ、湿気に注意!!

デジカメはもちろん、フィルムカメラの保管時に最も注意したいのが【ホコリの混入】と【湿気によるカビ発生】です。デジカメの撮像素子(イメージセンサー)やファインダー、レンズの内部などにホコリやカビが混入すると素人では取り除く事が不可能です。メーカーの修理センターなどに依頼しても、状態がひどい場合には修理を拒否される場合もあります。保管時にはホコリと湿気に気をつけることを覚えてください。
カメラを保管する場合に最適な湿度は約40%〜50%と言われています。これ以上になると湿気が多く、カビの危険性が高くなり、それ以下だとカメラ本体の樹脂部やラバー部の劣化が極端に早まる可能性があります。カメラ保管場所に湿度計などを設置し、定期的に湿度の確認と調節を行なってください。

 

ホコリ、湿気を防ぐ箱を用意

カメラ保管時に最も気をつけたいのがホコリの混入とカビの発生です。この二つの問題を解決するにはカメラやレンズを箱などの入れ物に入れて保管するのが一番簡単な方法です。いろいろな方法がありますが、その一部をご紹介いたします。

 

防湿庫

プロのカメラマンやえびす屋本舗のようなカメラ買取専門店でも使用している保管BOXが防湿庫です。
防湿庫は箱内の湿度を40%〜50%の一定の湿度に保ってくれます。庫内にいれることでホコリの混入とカビの発生をおさえてくれます。防湿庫のメリットは湿度を常に一定に保ってくれる点です。除湿剤を使用する場合と違い、乾燥のしすぎの心配がありません。デメリットは比較的大きな箱のため設置にスペースが必要なことと、防湿庫自体が高価なことです。しかし、大切なカメラを長期間ホコリやカビから守ってくれることを考えればコストパフォーマンスは高いと思います。

 

ドライケース

最近カメラの保管用に人気が高い商品がドライケースです。防湿庫とは違い、値段が手ごろで電気などを使わない経済性が人気の理由のようです。ドライケースは5.5Lや10Lのような容量のある密閉性の高い箱です。その中に市販の除湿剤とカメラを一緒に入れて保管します。値段の安さは防湿庫とjはくらべものになりませんが、注意も必要です。中に入れた除湿剤の効果(寿命)を見極めることです。効果がなくなったことに気づかないと密閉されている分、カビの発生のリスクは高まります。これを防ぐためにドライボックスには除湿剤と一緒に湿度計を入れておき、除湿能力が落ちてきたらすぐに交換するようにしましょう

 

 

 

 

あなたの、使わなくなったカメラ高価買取いたします!

カメラお問い合わせ電話番号042-768-7140、定休日年中無休、営業時間午前10時から午後10時、メール問い合わせは24時間受付中です

※簡単WEB見積もりは30秒で入力完了出来ます。メールの返信で買取金額をおしらせいたします


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム えびす屋本舗とは お喜びの声 高く売る方法 Q&A メール見積り 会社概要